• 二方向振動試験装置

    二方向振動試験装置

    二方向振動試験機は、X/Zの二方向(水平二方向、垂直一方向)の振動を発生させることが出来るモデルです。実際の環境で発生する振動をよりリアルに再現できる能力を持っており、三方向同時加振型と比べてコストを低く抑えられます。 また、従来の一軸加振機と垂直&水平テーブルでの各軸試験に比べ、テーブルの交換、試料載換えの作業がなく、特に大型試料の輸送試験にも最適です。下記の仕様以外にも試験条件に応じて、高周波タイプ(HB/HTタイプ)、低周波(LB/LTタイプ)、変位、加振力等が大きな装置も製作しております。お問い合わせください。

二方向振動試験装置 G8シリーズ

  • 耐震 地震再現
  • 輸送
  • 電気 電子機器
  • 自動車
  • 鉄道車両

不要な振動(クロストーク)を
抑える

振研の多軸振動試験装置は、全てのモデルに静圧油圧軸受を採用しております。 独特の構造を持つこの軸受は、三軸間のクロストークを最小限に抑え、より設定に忠実な試験を可能としま:空冷式又は水す。

G-8190-*HB-020 2:二方向同時 1:二方向切換

標準仕様(一部)

  • 加振方向:X・Y(水平方向)・Z(垂直)
  • 冷却方式:空冷式又は水冷式
  • 可動部支持:静圧油圧軸受
  • 加振方向の切換:加振方向切換スイッチによる

オプション

  • 加振方向の自動切換機構追加
    (三方向同時加振型には標準装備)
  • 恒湿恒温槽対応

各種ダウンロード

  • 上記仕様以外にも、以下のような仕様のシステムを承ります。お問い合わせください。
    • ・水平400mmp-p、互直200mmp-pの大振幅タイプ
    • ・HTタイプで最大加振力(サイン)を2.9kN(300kgf)に下げたタイプ
    • ・加振力63kN(6500kgf)以上の大型システム
    • ・LTタイプで最大加振力(サイン)を6.86kN(700kgf)に下げたタイプ
    • ・上記以外の振動台のサイズ(G-8シリーズは製作後に振動台サイズを変更できません)
  • 可動部支持方式は静圧油圧軸受になります(多軸振動試験装置の全機種で共通)。
  • 電力増幅器は全て空冷式(冷却ファン)です。
  • 空冷式の加振機を含むシステムには、冷却用ブロアから排出される熱風を屋外に排出させるための設備が必要となる可能性があります。
  • 空冷式の加振機を含むシステムには、冷却用ブロアから排出される熱風を屋外に排出させるための設備が必要です。
  • 一次側電源は三相、200V、50/60Hzが標準です。400V又は海外でのご使用につきましてはお問い合わせください。
  • 上記の上限振動数(サイン)は最大加振力が保証できる値です。
  • 上限振動数(ランダム)は、上限振動数(サイン)(或いは、それより低い振動数)から-6dB/oct以上でroll-off(減衰)するPSDパターンにおける値としています。
  • 発振可能振動数の下限は0.5Hzです。但し、制御可能振動数の下限は特注仕様を除き2Hzからとなります。

二軸納入例 世界最大動電型多軸
振動試験装置 G-8340-1LT-120

  • 耐震 地震再現
  • その他
世界最大動電型多軸 振動試験装置 G-8340-1LT-120

地震関連多軸振動試験装置

垂直・水平それぞれの方向に、振動を発生させるコイルを2つずつ使用しています。

最大加振力 サイン派:400kN、ショック派:1000kN
最大加速度 サイン派:117m/s²(1.5t負荷時) ショック派:300m/s²(1.5t負荷時)
最大変位 60mmp-p
周波数範囲 2~250Hz(但し100Hz以上~6dBで減衰)
テーブル寸法 2000×2000mm
(拡張時4000×4000mm)
最大搭載質量 2000kg

用途

  • 地震のシュミレーション
  • 構造物の耐震試験

製品を選ぶのに迷ったら